赤ちゃん 歯磨き粉 ランキング

市販の子供は磨き粉はフッ素入りが主流。

市販の子供歯磨きの主流は、フッ素入り歯磨き粉ですね。

フッ素は歯を強くすることで有名です。

 

しかし、フッ素という物質は、非常に微量であれば大きな害はありませんが、多量であれば人体にとって非常に毒性の強い化学物質であるということを知っていましたか?

 

 

いくら少量とはいえ、まだ小さい赤ちゃんにフッ素入り歯磨き粉を毎日使うのはどうかとママなら思ってしまうのではないでしょうか。

 

子供用歯磨き粉は、歯磨きをイヤがらないように甘く作られています。まだ、小さい赤ちゃんは、歯磨き粉をペロペロなめて飲み込んでしまうことが多々あります。

 

なんか、怖くないですか?

 

フッ素入り歯磨き粉は、歯を磨いて、くちゅくちゅうがいをしてはき出すものです。
飲み込むようには作られていません。

 

なので、赤ちゃんのときは、フッ素入りではなく、虫歯を予防し、
しかも体にやさしい成分で作られた歯磨き粉を選んでほしいと思います。

 


赤ちゃん用歯磨き粉を選ぶポイントは?

価格よりも安全を重視。

フッ素や発がん物質のラウリル硫酸Naなどが含まれていないものを選び、赤ちゃんのときは、飲み込むことを前提に安全な歯磨き粉を使用しましょう。安価な歯磨き粉には石油系の合成界面活性剤「ラウリル硫酸ナトリウム」が含まれているので誤って購入しないように注意しましょう。

 

発泡剤の入っていない泡立ちのないものを選ぶ。

発泡剤が入っていると、泡立つことにより歯を磨いた気になってしまうので、磨き残しが心配です。それ以上に子供用歯磨き粉の発泡剤にはラウリル硫酸ナトリウムという発がん性物質が入っているものもあります。発泡剤なしを選びましょう。

 

虫歯を予防してくれること。

3歳までにお口の中に虫歯菌が入らなければ虫歯にならないことを知っていますか?
3歳までは、しっかり虫歯菌ケアしてくれる歯磨き粉を選んで虫歯治療で悩まされないように対策するのがベストです。

通販限定!赤ちゃんが安心して使える歯磨き粉ランキング