ブリアンにデメリットはないの?

ブリアンのデメリットはないの?

ブリアンの評判は歯磨きが好きになったと言う口コミが多いけれど本当にデメリットはないだろうかと疑問に感じるのでないでしょうか。

 

使用してみたいけれど満足できる効果ばかりなのだろうかと感じている方のためにもデメリットを知っておきましょう。

 

歯磨き粉と言えばペースト状のものをイメージされる方が多いですが、ブリアンは粉状のものだから初めて使用する方は戸惑ってしまうデメリットがあります。

 

使い慣れれば問題はなく量の調整もできるのでさほどストレスに感じたりすることがなくなります。

 

 

 

ブリアンは奥までしっかりと歯磨きができなくても虫歯菌の餌になってしまう歯石を取り除いてくれるため、

 

歯磨きが苦手な子供でも奥歯までケアができて便利です。

 

なので、使いにくいから避けてしまうのは勿体ないです。

 

 

 

もう一つのデメリットが通常の歯磨き粉よりも高いことです。

 

市販のものと比べると高いと感じるかもしれませんが、歯の状態を整えてくれる成分がたっぷりと配合されていて、
しっかりとケアを行うことができます。

 

強い歯を作ることができて、虫歯対策を行うことができます。

 

虫歯になってしまうと歯医者に通わなければならずに大変な思いをして治療をしなければなりません。

 

そして治療費もかかってしまうので結果的にブリアンを使用する方がお得です。

こういった特徴を持ち虫歯予防の最先端アイテムとも言える子供用歯磨き粉ブリアンですが、

 

虫歯予防成分「BLIS M18」は砂金材や熱に弱い性質があるので、洗浄剤や一般的な歯磨き粉の使用は逆効果なので注意しましょう。

ブリアンのデメリットとしては価格の高さが挙げられます。ドラッグストアなどで売られている子供用の歯磨き粉が数百円程度で購入できるなか、ブリアンについては通常価格が8,480円となっていますので、比較してみると高価な歯磨きなのは一目瞭然です。実際、口コミでも価格の高さが気になるという意見も目立ちますし、一つのデメリットと言えるでしょう。
しかしながら定期購入ですと初回は3,980円で購入することができ、それ以降は4,980円で買えますからお得に手に入れたい時には断然定期コースを利用した方が良いと言えます。なお、定期コースの場合、最低継続回数もありませんので、1回だけでも中止することが可能です。
粉タイプの歯磨き粉なのもデメリットと言えます。一般的なチューブタイプと比較をするとお皿を用意したり粉を出す手間などが掛かってしまいますし、忙しい朝などにわざわざ準備をするのは面倒に感じられてしまうかもしれません。
ただ、使い切りのパックとなっていますのでいつも清潔に使えるという良さがあります。また、使い切りゆえに粉タイプにありがちな湿気で固まってしまうようなこともありません。
こうしたデメリットがある歯磨き粉ですが、しかしながら高い品質を持っているといこともありリピートする親御さんも少なくないのです。